壁や床のひび割れ補修にかかる費用はいくら?

予算内に収まるかチェックしよう

>

床にひび割れができていた場合

安い場所の補修工事

トイレの床がひび割れた場合は、20000円ぐらいで修理できます。
特に安い部分なので、お金のことを気にせず依頼することができますね。
また浴室も30000円や50000円程度で依頼できます。
それらは、範囲が狭いことが特徴です。
実際の大きさによって微妙に価格は変わりますが、大体そのぐらいだと理解しておきましょう。

ほんの少ししかひび割れが起こっていない場合は、それよりも安く10000円で修理できます。
早めに気づいて新しい床にすれば、お得な価格で済ませることができます。
穴が開きそうな床で生活を送るのは怖いでしょうから、気づいた時に業者に連絡してください。
また早く業者を見つけることで、たくさんのところに見積もりを依頼できます。

キッチンやリビングの場合は高い

キッチンは住宅によって大きさがバラバラです。
こだわっている住宅のキッチンは広いでしょうから、ひび割れの補修工事を依頼した場合は10万円を越える価格になる場合が多いです。
ですがそんなに広くないキッチンの場合は、50000円程度でできます。
実際に修理する場所を業者のスタッフに見てもらって、正確な見積もりを出してもらいましょう。

リビングの補修工事は、20万円と最も高額になります。
ただひび割れが起こっている部分を補修するだけでなく、丈夫にする工事もできます。
すると22万円ぐらいの価格になりますが、ひび割れが起こりにくくなるのでおすすめです。
何度もひび割れが起こって補修工事を任せるのは面倒なので、丈夫にしておきましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる